銀次郎2号4号

戯れフォト 銀次郎2号XT2503Y5  銀次郎4号KZ1000A2 僕のピーちゃん小桜インコ

047.BMW R100RS R100RT R100CS R100 catalog

 

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bm9/20160514/20160514143408.jpg?1463204239

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bm9/20160514/20160514143410.jpg?1463204140

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bm9/20160514/20160514143409.jpg?1463204170

 

 
1980年代当時のBMW R100RS R100RT R100CS R100のカタログを拝借したのでデジタル化した

僕が好きな絵のところをピックアップした
4車種が揃って山中をツーしてる写真は、それぞれが強烈な個性を放っていつつ、兄弟のようにまとまっているところが、渋い!カッコいい!
 
中の写真はR100CS!
Sフェアリング(Sフェアリングの「S」の意味がわからん?!ショート?R90SのS?スポーツのS?)と呼ばれるビキニカウル仕様、、
僕はこのカフェムードたっぷりのカウルが好きなんだ!
 
銀次郎1号(R100RS 1981年式 ツインサス)を入手した当初は、フルカウルであったけど、夏の暑さ、シリンダーヘッドのボクサーツインエンジンから放たれる熱さに負けて、今のビキニカウルに変更した
 
冬は良いが夏はダメなフルカウル
このことは入手前から情報は得ていたから、もし耐えられなかったらビキニカウルに!と思ってたから、まったく予定外ということではなく、最初から後々ビキニカウルに変えようと思ってやったこと
 
フルカウルを取っ払って、ビキニカウルに変更するなんて!、、と、お叱りを受けそうだけど、思い切ってこのカフェスタイルにチェンジして正解だった
お陰で、夏も快適になったし、何よりカッコよくなった!!
僕は恰好重視だから、、

ということで、僕の銀次郎1号は
RSでありながらRSではない
CSのようでCSではない
RCSっていう感じ?かな?
なんじゃそれ、、
ヽ(^o^)丿